グローバルマーケットの潮流を読む

DHLエクスプレス、

B2B ECに関する

ホワイトペーパーを発行

究極のB2B ECガイド

- ビジネスは従来型から、デジタルの時代に -

2020年はイーコマース(EC)市場の歴史的な分岐点となりました。かねてより急速な成長を見せていた、EC企業と一般消費者間のB to C EC(B2C EC)は、デジタル端末やSNSの普及のメリットが主な成功要因でしたが、2020年に端を発したコロナ禍は、企業間のB to B(B2B)の商取引においても、デジタル化を一気に加速させています。

 

国際輸送業界のトップ企業であるDHLエクスプレスは、「究極のB2B ECガイド -ビジネスは従来型から、デジタルの時代に-」と題したホワイトペーパーを発表。同社が持つ業界経験と世界の輸送事情を熟知した専門性に基づき、世界的な拡大を続けるEC市場の次の波として、BtoB EC (企業間電子商取引)市場の力強い成長を予測しています。

本ホワイトペーパーでは、2025年までにサプライヤーとバイヤー間のBtoBセールスの80%がデジタルで行われるようになると予測。来たるべきBtoB革命に向けて、この新たな潮流をナビゲートするのに役立つインサイトをご提供しています。そして、以下の問いへのヒントがきっと見つかるはずです。

 

  • BtoB ECにおける越境ビジネスのトレンドとは?そして変化する購買行動にどう対応すればよいのでしょうか。
  • 今やBtoBにおける購買決定層の73%を占めるようになったミレニアル世代。インターネットやスマートフォンに親しみ、旧世代よりも技術志向が強いと言われます。オンラインチャネルでこのミレニアル世代にインパクトを与えるには?
  • メリットはあるものの、ECプラットフォームを導入する際には、BtoB EC環境で事業を展開する上でのリスクや課題を正しく理解する必要があります。BtoB EC導入にあたって注意すべきポイントは?

*当ホワイトペーパーは、統計や情報をまとめたものであり、顧客ビジネス発展のための気づきの一つです。

        

「究極のB2B ECガイド 」のダウンロードをご希望の方はこちらにご記入ください。

{{CurrentYear}} © DHL International GmbH. All rights reserved.