新型コロナウイルスのワクチン輸送に関するホワイトペーパーのご案内

 

新型コロナウイルスへの対応、そして医療緊急事態における将来的なワクチン・医薬品の安定供給体制の確保について

How to secure stable supply chains for vaccines and
medical goods during the COVID-19 crisis and
future health emergencies

07 JUNE 2018

ホワイトペーパーはこちらから

温度管理輸送用最新ロガーをみる

クレジットカードで手軽に海外へ!

Payoneerユーザー様限定! 安心の海外発送サービスを40% OFFで!

WIP

 

新型コロナウイルス禍におけるメディカルサプライチェーンについて

 

 

  • ホワイトペーパーの概要(日本語)
  • ホワイトペーパーダウンロードページへのリンク
  • Logmoreの紹介
  • DHL Expressジャパンへの問い合わせ

新型コロナウイルスのワクチン輸送に関するホワイトペーパーのご案内

新型コロナウイルスへの対応、そして医療緊急事態における将来的なワクチン・医薬品の安定供給体制の確保について

07 JUNE 2018

ホワイトペーパーをダウンロードする

温度管理輸送用最新ロガーをみる

クレジットカードで手軽に海外へ!

Payoneerユーザー様限定! 安心の海外発送サービスを40% OFFで!

ホワイトペーパー: 感染症ワクチン輸送への備えについて

 

世界各国が新型コロナウイルスとの戦いにおいて、救命ワクチンの開発を待ち望むなか、政府、NGO、医療関係各社は、今回のみならず将来の公衆衛生上の緊急事態に備え、サプライチェーンの調整方法の見直しペースを上げて取り組んでいます。

 

遠く離れた場所での製造場所から、医療の最前線へ医薬品を安全かつ確実に届けることは、新型コロナウイルス禍の第一段階における感染症対応管理において最も重要な活動の一つでした。

Thomas Ellmann
VP CSI Life Sciences & Healthcare Contact for
COVID-19 vaccines logistics
Thomas.Ellmann@dhl.com

 

政府、NGO、医療関係各社は、これまでの感染症で学んだ教訓を活かし、世界規模のカバレッジを提供するという前例のない課題に備えなければなりません。ここで重要になるのは、次のような問題です。

 

今回のような公衆衛生上の緊急事態が発生した際に、ワクチンやその他必要不可欠な医薬品の安定したサプライチェーンをどのように構築するか

 

今回発表したホワイトペーパーでは、マッキンゼー・アンド・カンパニーと共同で、大規模な公衆衛生緊急事態に直面している国々のサプライチェーンに関する複数の大きな疑問に対する答えを見つけ出しました。

 

 

また、新型コロナウイルス感染症の第一段階で直面した経験を通して、インバウンド・ロジスティクスに関連する課題を明らかにしました。

新型コロナウイルス感染症ワクチン輸送へのチャレンジ

製造現場からワクチン接種の現場まで、このエンド・ツー・エンド・ロジスティクスのモデルを下記3パターンで想定しております。

想定される3タイプのサプライチェーン設計

1 Direct shipment to point of use

パレットシッパーやクーリングボックスを製造拠点または保存拠点から最前線まで直送

2 Local cross-docking

手荷物サイズに設定したボックスをパレットでまとめて配送国へ発送し、現地でクロスドッキングを経て配送を完了

3 Local warehousing

配送国へパレットで輸送し、倉庫内でのフルフィルメント工程を経て配送を完了

ホワイトペーパーを読む

お客様のメールアドレスのご登録いただくことでホワイトペーパー(PDF)をダウンロードいただけます。

Deutsche Post DHL Group. © {{CurrentYear}} DHL International GmbH. All rights reserved.